0120-501-743
受付時間 : 10:00 ~ 20:00
2019.06.02
  • 豆知識
  • 施工事例

劣化の程度と塗り替え

みさなさんこんにちは!

スターペイント春日ショールーム店の板島です。

突然ですが、外壁、屋根塗装を考える瞬間っていつでしょうか?

おそらく壁にうっすらひびが入っているとか、色が褪せてきたなぁとか、ふとした瞬間にそういった劣化症状に気づいて「あ、そろそろかな」と考えるのではないかと思います。しかし、劣化にも程度があり、その程度は一見しただけでは塗装の必要性や必要時機を的確に判断することは難しいものです。そこで、今日は外壁の劣化症状の程度に関しての豆知識をご紹介します。下記をご覧ください。

【外壁の劣化症状】

段階①新築からおよそ5年前後

チョーキング現象:手で触れるとチョークのような粉が指に付く現象

紫外線により塗膜の防水性が低下。いわば劣化の始まりです。

 

 

 

 

 

 

段階②新築からおよそ7年前後

(ヘアー・目地)クラックの発生:髪の毛くらいのひびや目地にヒビが入っている状態

ヘアークラック程度はさほど問題有りませんが、目地のひび割れは

内部に水を侵入させてしまう可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

段階③新築からおよそ10~15年前後

クラックの発生、ボードの反りなど:見て分かる程のヒビ割れや目地部分のひび割れなどが発生

壁の中に水が入りやすくなり、外壁内部に傷みが生じる原因にも・・・

このあたりの劣化は水の侵入の可能性がかなり高くなってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

段階④新築からおよそ25年以上

剥離や欠落の発生:外壁の表面の塗膜が剥がれたり、壁自体が崩れ落ちてしまう状態

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?たいていの場合は段階③までのうちに外壁屋根塗装によるリフォームでメンテナンスを行うかと思いますが、段階④の状態まで劣化が進んでしまっていることもあります。そうなるともう塗装だけでは補うことが難しく建物自体の手直しが必要になり費用が莫大になってしまいますので、外出の際などに一度外壁を見回してみるのもいいかもしれません。ぇ非参考にしてみてください。

 

< 福岡市の外壁塗装・屋根塗装専門店スターペイント >

フリーダイヤル / 0120-501-743(受付時間 10:00 ~ 20:00)

■ 和白ショールーム店 / 福岡県福岡市東区和白2丁目5-26
■ 春日ショールーム店 / 福岡県春日市下白水南1丁目3
■ 早良ショールーム店 / 福岡県福岡市早良区飯倉4丁目8-11

お電話でのお問い合わせもお待ちしております♪

?>