0120-501-743
受付時間 : 10:00 ~ 20:00
2018.08.13
  • 豆知識

塗装の匂い 福岡県 福岡市の外壁塗装・屋根塗装専門店 スターペイント 20180813

こんにちは!

 

福岡市東区、外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水工事専門店

 

スターペイント吉田です。

 

お盆スタートしましたね、みなさんは旅行や里帰りをされていますか?

 

私は本日も元気いっぱいショールームで、皆さんをお待ちしております!

 

今日は、塗料の匂いについてお話します。

 

外壁塗装を含め、塗装工事に伴う臭いは有機溶剤といわれるものが原因です。

一般に油性塗料と呼ばれる塗料はシンナーなどの有機溶剤でうすめなければいけません。

 

油性塗料そのものは強い臭いがありますが、その塗料をさらに強い臭いがあるシンナーなどで

 

うすめるのです。油性塗料は臭いが強いため、室内の塗装には使用しません。

 

油性塗料のメリット

 

油性塗料はなぜ外壁塗装で使用することが多いのでしょうか。

 

耐久性が強いのがその理由のひとつです。外壁は特に雨風にあたるため耐久性が強く求められます。

 

塗料の耐久性が弱いなら直接下地の壁材や家屋そのものが雨風にあたってダメージを受けるのです。

 

また、塗料がしっかりと壁材に密着するのも油性塗料のメリットです。油性塗料はそのままでは粘着性が高く

 

塗装するときはシンナーでうすめなければいけません。また塗装のために使用するローラーやはけ、塗装缶

 

などもシンナーで洗浄する必要があるのです。

 

臭いが少ない塗料・・・水性塗料

 

水性塗料は、油性塗料と比べると臭いが激減します。水性塗料の場合は、臭いが少ないため

 

室内の塗料としての使用も可能です。また水性塗料をうすめるときはシンナーが必要ではなく

 

水でうすめます。塗料の価格も油性塗料より安いため、価格面でのメリットもあります。

 

水性塗料の耐久性は以前は油性塗料より低かったのですが水性塗料も現在進歩しており外壁塗装としても

 

おすすめできる塗料も増えています。

 

そのため油性塗料の臭いが気になり施工の選択として可能であるなら水性塗料を選択するのも

 

おすすめです。

 

 

ご不明な点や、少しでも興味がわいた方は、外壁塗装工事、屋根塗装工事、防水専門店

 

スターペイントまで是非ともお問合せください!

 

 

?>